クルマを通じてカーライフを豊かに

【BMW X5(E70)】カスタムパーツまとめ

BMW X5はSUVでありながらスポーティな要素も併せ持つ車種なので、カスタムの方法は様々です。シックに大人っぽい雰囲気に仕上げるのも良いですし、とにかく派手に改造するのも面白いです。また、BMWらしさを残しつつ、純正部品にこだわってカスタムするのもありです。ここでは中古市場で多く出回っているE70系X5のカスタムについてご紹介します。

BMW X5とは

BMWというと、スポーツセダンやスポーツクーペというイメージが強い自動車会社ですが、SUVにも力を入れています。X5はその代表的な車種であり、ヨーロッパのミドルクラスSUVの基準を作り出しているという意見もあります。SUVは力強いデザインを採用している車種が多く、押し出しの強さを大事にしていることが多いです。しかし、X5はそこまで力強さを主張しているわけではなく、BMWらしい高級感を醸し出しつつスポーティで走行性能の高さを感じることが出来るデザインに仕上がっています。現行型のBMW X5の詳細に付いては「BMW X5 ディーゼル・ガソリン・PHEVの気になる燃費や出力について」を参照してください。

カスタムで大事なのはテーマを決めること

引用元:http://bond-diary.jp/new/sb.cgi?cid=17

BMWのX5に限らず、格好良くカスタムするには、まずは完成した姿を想像することが大事です。車のカスタムは本来のバランスを崩してまで行うことではありません。まずはその自動車が持っている良さを把握して、それを活かしたカスタムを考えていきましょう。カスタム初心者の場合、目に付いたところから次々とカスタムしていってしまうので、途中でまとまりがなくなってしまうことが多いです。そうなるのを防ぐには、しっかりとテーマを決めておくこと大事になります。

SUVの大きさが際立つエアロ

エアロパーツというと車高が低い車が使用するパーツと考えている人が多いですが、決してそんなことはありません。車高が高いX5のような車種でもエアロパーツを装着している人もいます。車全体の迫力は増しますが、残念なことにエアロパーツを装着することで持ち前の車高の高さを犠牲にしてしまうというデメリットもあります。

■BMW Performanceのエアロパッケージ

引用元:https://auto-style.jp/productsearch/info/BMJ93421070002/

純正のクオリティでX5の質感をより一層高め、そこにスポーティさをプラスするエアロパッケージです。エアロダイナミック・パッケージ フロント・スポイラー/リヤ・スカート・セットで150,660円となっています。

■ACシュニッツァーエアロ

引用元:https://auto-style.jp/productsearch/info/SNT93421120001/

ACシュニッツァーとは、ドイツに本拠を置くBMWグループを専門に扱うチューニングメーカーです。カスタムパーツだけではなくコンプリートカーの制作まで行う自動車メーカーの側面も持ち合わせています。そんなACシュニッツァーから販売されているE70用のエアロがこちらです。フロントスポイラーで185,220円、リアスカートで158,760円です。

引用元:https://auto-style.jp/productsearch/info/SNT93421320001/

■G-POWER ワイドボディキット

唯一無二の存在にしたいと思われる方にはワイドボデイキットが販売されているのでおすすめです。前後バンパー、サイドステップ、前後フェンダーまでカスタムされ、大柄ボディのX5がさらにワイドになります。キット内容は、フロントバンパー/フロントフェンダー/サイドスカート/リアフェンダー/リアディフューザー/リアスカート/ルーフスポイラーとなり、価格は3,240,000円となります。

引用元:https://auto-style.jp/productsearch/info/GPW93421102A01/

ホイールカスタム

ACシュニッツァーからホイールも販売されており、こちらはType4Racingの22inchです。

引用元:http://www.studie.jp/democar/detail.html?id=29&number=2

引用元:http://www.studie.jp/democar/detail.html?id=29&number=2

続いては、RAYS-HOMURA 2X9のグロッシーブラック22inch。E70に22inchはカスタムの定番ですね。

引用元:http://blog.harada.studie.jp/2013/04/post-4691.html

こちらはVORSTEINER V104の22inchです。

まとめ
BMWのX5はカスタムの幅が広い車種なので、一人ひとりのライフスタイルや考え方でまったく違った雰囲気に仕上がります。自分だけの一台に仕上げていく過程で大事なことはバランスを崩さないということです。あれもこれもと手を出したくなる気持ちは分かりますが、必要なものを必要な分だけカスタムするようにして、必要なものは妥協しないで購入するようにしましょう。少しずつ手を加えていくには面倒だという人は、すでに完成されたコンプリートカーというものをお勧めします。