クルマを通じてカーライフを豊かに

日常をちょっと楽しくするスポーツエコカー「BMW 320dツーリング Mスポーツ」試乗レビュー

BMW 320dツーリングMスポーツ画像

エコなクルマがほしいけど、世の中に沢山走っているようなプリウスやハイブリッドカーはなんだなぁ…そんなことを考えている人も少なくはないと思います。特にクルマ好きを自称する人なら、もっと”本格派”なクルマに挑戦したいはず。筆者もそのうちの一人であり、ハイブリッドエンジンの”機械”っぽい不自然さにどうしても馴染めない一人です。

そんな私を虜にした”エコ”なスポーティーカーをご紹介したいと思います。今回試乗したのは「BMW 320dツーリング Mスポーツ」。BMWが作った意欲作のディーゼルスポーツカーです。

BMW 320dツーリングMスポーツ画像
BMWといえばセダンタイプのシルキーシックス(BMW伝統の6気筒エンジン)を思い浮かべるかもしれません。仮に所有するとして、走りは絶対的に楽しいけれど、燃費や実用面がネックになるのでは…そんな印象を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、320dはBMWの走りの楽しさを継承しながら、日常生活でも活躍できるマルチプレイヤーなクルマに仕上がっています。

BMW 320dツーリングMスポーツ画像

320dを運転してまず驚いたのは、一般道の低速走行でも乗り心地の良さを実感することができる点です。この車にはディーラーオプションであるスポーツサスペンションが入っています。なので、国産のラグジュアリークラスにあるような”ふわっとした上質な乗り心地”ではないものの、コツン、コツンという上品でありながら路面の状況をしっかりと伝えてくれるので、慣れてしまえばしっかりとした足回りのクルマとして乗りこなすことができるはずです。

BMW 320dツーリングMスポーツ画像

また、ステアリングについても軽く感じすぎない程度にパワステが作動してくれるので、スポーツカーにありがちな重すぎるハンドルという印象は全く抱きませんでした。最近の車にありがちな”路面情報を感じられない機械を操作しているようなハンドル”感がなく、個人的にはハンドルを握りながらワクワクしているような感覚が得られました。一言で言えば人馬一体の感覚。スポーツグレードだからといって、市街地の走行が苦手というわけでなく、日常使いでも全く問題はなさそうです。

BMW 320dツーリングMスポーツ内装画像

市街地走行の上では取り扱いやすいボディーサイズも威力を発揮します。全長4645×全幅1800×全高1430mmと、日本国内の道路走行や駐車場への駐車などの生活上のシーンにおいてはほぼ問題ないと言えるサイズ感です。また、住宅街の細い道なども、軽自動車のスイスイと…というわけにはいきませんが、ボディの大きさによる運転のし辛さなどは感じませんでした。

BMW 320dツーリングMスポーツシフト画像

なお、パワーユニットには2リッターディーゼルのターボエンジンを搭載しています。エンジン馬力は年式によって異なるものの、184馬力〜190馬力となっており、日常生活においてはまず不足ないスペックと言えるでしょう。更に。馬力以上にディーゼル車の持ち味とも言えるハイトルクは、このクルマの持ち味の一つであり、アクセルを踏み込めば同排気量のレギュラー・ハイオク車などでは決して体感することのできない、椅子に押し付けられるような加速を感じさせてくれることも。3リッタークラスのBMW・メルセデスのセダンタイプのクルマを遥かに超える瞬発力を感じることができました。

BMW 320dツーリングMスポーツ内装画像

そして、このクルマの本領を発揮するのは高速道路でのドライブです。スポーツサスペンションのお陰もあり、100キロ近くで走行していてもまるで道路にピタッと吸い付くような感覚で走ってくれるので、決してふらつくこともなく、疲れ知らずの状態で運転することができます。

BMW 320dツーリングMスポーツホイール画像

また、追い越し車線への加速なども、ディーゼルエンジンのトルクのお陰で非常に楽々と行うことができます。更にオートクルーズや半自動ブレーキなどの機能も充実しているので、数百キロの遠方へ向かうようなドライブの時にも大活躍すること間違いなし。そして、恐らくこの足回りであれば、もしかしてサーキットなどでも活躍できるのでは…そんな淡い期待も抱いてしまうような仕上がりです。

BMW 320dツーリングMスポーツ内装画像

ここまでの話だと、320dはまるでエコカーとは無縁の存在とも思えてしまうかもしれません。しかし、試乗中、カーナビに表示されている燃費計を定期的にチェックしていたところ、暖房をつけながら市街地を走行していても12〜13km/Lを割ることはありませんでした。また、高速道路を走行中は、定速走行をあまり意識しなくても20km/Lに近い燃費をマークしていました。BMWに乗るなら燃費なんていちいち気にしてどうする!どこからかお叱りの声も聞こえてきそうですが、やはり燃費が良いことに越したことはありません。

さて気になるクルマのお値段は、新車は乗り出し500〜600万円台とやはり高級車の領域です。ただ、中古市場では走行距離1〜2万キロ程度の状態でも300万円台で乗り出せる(注 2018年3月現在)場合もあるとのこと。また、近年のBMWは昔と比べて比較的壊れにくく長期保証も充実しているので、安心して乗ることができるようです。もし、300万円台であれば筆者のような20代のドライバーにとっても決して夢物語なクルマではない…試乗後にはそんな考えが頭に浮かびました。

ハイブリッドにはなんとなく馴染めないけど、やっぱり燃費がいいクルマでエコカーライフを満喫したい。そして、あわよくばやんちゃな走りを楽しみたい…。クルマを妥協したくない人にぜひ乗ってほしい1台です。

<取材協力・写真提供>

PLANEX CARS 目黒

ドイツ車など輸入車を中心に取り扱う中古車専門店。
特にポルシェに関してはスペシャリストが在籍しており、クラシックポルシェも取り扱っている。
それ以外にもカジュアルに乗りこなせる輸入車からスポーツカーまで幅広いラインナップを充実させており、気取らないクルマ探しをすることができる。
東急東横線 自由が丘駅・都立大学駅からも近く、クルマがほしいときにフラっと立ち寄りたいお店だ。