クルマを通じてカーライフを豊かに

【ポルシェ・ボクスター】718の魅力とは

ポルシェ ボクスター画像

ポルシェ ボクスター 718とは

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

ポルシェ・ボクスター718とはポルシェが展開するブランドで2ドアスポーツクーペの概念で誕生し、同タイプのケイマンとコンポーネントの多くを同様として生産されています。ケイマンとの大きな違いはオープントップという事です。968型の後継モデルとして生まれ変わった718型はそれまでの直列FRエンジンから水平対向ミッドシップエンジンに変更されました。これにより911の遺伝子を注入され、外装デザインも前方部分やシルエットを911と類似させ、ヨーロピアンスポーツの風格を高めました。このモデルは燃費性能を高めるために様々な工夫がされており、その技術はエンジンやターボチャージャーに至るパワートレインから、トランスミッションに外装の空力性能に至るまで配慮されています。走りとパワーを高めながら燃費節約という正反対の条件を高いリソースに変えたのがボクスターです。多彩な機能や安全性を搭載した718型モデルは最高のプレミアムオープンスポーツカーと言え、ポルシェブランドに新しい空気を注ぎ込みファンの注目を集めています。

718ボクスターのパワートレイン

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

718型のエンジンについて

エンジンは水平対向4気筒2,000cc を搭載しており、運転席後方に配置するミッドシップで重心を低くし高効率で高い出力を発揮するターボチャージャーを搭載したことからスムーズな加速を実現しています。ベースモデルで最高出力300馬力に最大トルク380N・mを発揮し、上級グレードSでは最高出力420馬力に420N・mを発揮し、時速100㎞までに到達する時間は加速開始から4.2秒を可能としています。718専用に開発されたタービンが小型化され、ダウンサイジングされた2,000ccエンジンに搭載されることで高効率・高出力に低燃費という条件をプラスしました。

718ボクスター燃費性能について

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

通常であればターボ搭載されたエンジンはノーマルエンジンに対して燃費の悪化が見られます。加速性を高めるために搭載されるターボチャージャーは高出力の反面、燃費の悪化とエンジンの過熱を高めますが、可変翼タービンを採用したことで低速時はバルブ開口面積を小さくして加給効率を上げ、高速時は開口面積を大きくすることで抵抗を減らし排気圧力を下げることで燃費と排気圧力の無駄を軽減します。新たに時速7kmまで減速するとエンジンが停止し、再びアクセルを踏み込むことでエンジンを再始動するオートスタート&ストップ機能を搭載したことで大幅に燃費を低減し環境への配慮も同時に行いました。

718ボクスターの安全性能

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

ボディに搭載された安全性能

ボクスターには複数の安全性能が搭載されており、搭乗者を守る機能として最新のエアバッグシステムを備えています。前方からの衝突時に運転席および助手席は大型のバッグを開きフロントガラスの飛散やハンドルやフロントパネルへの打撃を防ぎます。ドアサイドにもカーテンエアバッグを内蔵しており、側面からの衝突の衝撃を軽減します。ドアパネル下に内蔵された側面保護用のバッグが衝突の角度に応じて膨らみ、内蔵されるサイドビームと共に搭乗者を守るシステムとして搭載されています。ボディの形状もノーズダウンしており万が一人と接触しても被害者の損傷が少なく済むような配慮がされた車体形状となっています。

718ボクスターのブレーキ性能

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

718ボクスターには大型ブレーキディスクと対向ピストンを装備したアルミニウム製のブレーキシステムを搭載しています。ディスクローターには放熱性の高いベンチレーテッド式を採用し、ローター表面にクロスドリル加工が施されたことでさらに冷却率を高めてブレーキ性能を向上させます。高速走行時や雨の日の路面状況を認識して高い制動力を発揮します。前方レーダーと共に先行車との距離を測定し、車間距離が急速に接近すると音とモニター上で警告を促し、運転者のブレーキング行動が無い場合、必要に応じて緊急ブレーキを作動させ衝突回避や被害軽減に貢献するブレーキシステムです。

718ボクスタ―の快適性

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

インテリア空間について

ボクスターのインテリアデザインはブランドの代表モデルである911を大幅に意識したデザインとなっています。センターコンソールが前方に対して高く傾斜が付いており、スイッチ類が運転者が操作しやすく配慮されています。シートは固めのクッション性を備え、立体デザインされたスポーツシートにより運転姿勢を保ち、高速時のコーナーリングでも的確なハンドリングを可能とします。ハンドルやダッシュボード、コンソールやドアにミシンステッチを施すことで落ち着いた雰囲気と高級感を高めました。オプションにてヒーターのカスタマイズが可能で、冬の寒い日のドライブも快適となります。

718の収納性について

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

スポーツカーは走行性能を重視するため、車高を低くし流体デザインとするため、ノーズダウンとテールダウンされた車体形状が多く、ラゲッジスペースが少ないという問題がありますが、ボクスターはミッドシップエンジンであるため、前後に充実したラゲッジ空間を持ちます。本来エンジンルームとなる前方がラゲッジ空間となり、リアは開閉ルーフを収納する部分を含んだラゲッジ空間を確保しています。助手席下のグローブボックスと座席間に配置されたセンターコンソール部分にも収納スペースを持ち、格納式カップホルダーも設置されています。2シーターのボクスターでの移動も2人分の様々な荷物を運ぶことが可能です。

まとめ

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

ポルシェブランドが誇るオープンスポーツカーの718ボクスターは現行モデルが2016年より販売されていますが、これまでとは異なるパワートレインと快適性能や安全性能を搭載したプレミアムスポーツクーペです。走りを追求したエンジンを搭載しながら燃費性能を向上させ環境への配慮をした新しい概念のスポーツカーです。ポルシェブランドの代表モデルである911のスタイルを継承し、その他の性能面でも遺伝子が引き継がれドライビングの楽しさを感じさせる最高のモデルとなります。