クルマを通じてカーライフを豊かに

【BMW Z3 ロードスター】世界中の人に愛されているオープンカー

BMW Z3 ロードスターはドイツの自動車メーカーであるBMWが製造していたクーペやオープンタイプの乗用車です。アメリカのサウスカロライナ州において完成した工場で製造された最初の車になり、美しいデザインや機能性が高いことから世界中で愛されています。

BMW Z3 ロードスターとは

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BBZ3

BMW Z3 ロードスターはライトウエイトタイプのオープンカーとして、1996年に登場してから世界中で人気がある車です。BMWとしてZ1以来2シーターオープンカーにあたり、外観デザインには日本人が携わっています。後にクーペボディをプラスし、実質的な後継車種にはZ3が生産終了した翌年から販売されたZ4になります。プラットフォームをBMWの3シリーズコンパクトと共有している派生車種で、コードネームにE36が入っていることからもそれがうかがえます。ソフトトップの開閉はZ3 1.9やZ3 2.0・Z3 2.2が手動式で、Z3 2.8やZ3 3.0・Mロードスターは電動(ロック部のみ手動)になっています。MロードスターやZ3 2.0以降のモデルに安全装備の「ロールバー」が標準装着されています。

さまざまなシーンに溶け込むことができます

映画のワンシーンにも登場します

引用元:http://jfolks.tsukuba.ch/e236025.html

BMW Z3 ロードスターは有名スパイ映画のアクション・シーンにも利用されている車で、世界中に愛好家がいます。さまざまなシーンにマッチすることができ、街乗りではゆったりとドライビングを楽しんだり、ワインディングから高速ではスピードを感じることが可能です。幅広いシーンに馴染むことができ小回りのきく最適な車と言えます。前期型は直列4気筒DOHCになっていますが、後期型は直列6気筒DOHCになっています。何度かテイストが変わっていて後期型ではBMWのシルキーシックスなどを搭載していて、よりダイナミックな雰囲気に仕上がっています。

風を感じながら運転できます

引用元:https://clubmini.jp/24561

BMW Z3 ロードスターはオープンカータイプの車です。オープンカーは一度乗るとなかなかやめられない魅力を持っていて、車が壊れたり買い換える場合にまたオープンカーを買ってしまう人が多くいるでしょう。特に春や秋のシーズンにオープンにして走る解放感は最高で格別なものがあります。日本では1997年に登場してから定期的に小さな変更が繰り返されていて、エンジンだけでも数多くのモデルが存在し自分の好みやライフスタイルに応じて選択することが可能です。

デザイン性や性能面が優れています

引用元:http://blog.livedoor.jp/auto2014/archives/1068647422.html

BMW Z3 ロードスターはデザイン性はもちろん、性能面でも高い評価を受けています。実際BMW Z3に乗っている人の意見には、見た目よりも室内空間が広々していて開放感があるという声があります。快適なドライビングができ、ハンドリング性能が抜群で走りを楽しむことが可能です。加速性能が良く坂道でもストレスを感じることがなかったり、加速やコーナリングにおいて走りを楽しませてくれる車と言えます。コンパクトなオープンカーで運転もしやすく、ドライブにはもってこいでサイズや装備などのディーテールがしっかりしているのでBMWの貫禄を感じることができるでしょう。

日本人がデザインしました

引用元:https://jmty.jp/okayama/car-bmw/article-3h190

BMW Z3 ロードスターは海外自動車メーカーですが、日本人デザイナーがデザインしました。ロングノーズ・ショートデッキの古典的なオープンカースタイルで、流麗なシルエットが特徴的です。フロントマスクはBMW特有の「豚鼻グリル」が搭載されていて、BMWの伝統的なデザインを見ることができます。サイドはBMW車にはなかった特徴的なダクトがデザインされていて、サメのエラのようなデザインや従来の伝統的なデザインが非常に調和しながら仕上がっています。20年前の車ですが今見ても古いというような感じはなく、クールでスタイリッシュな外観を生み出している車です。

まとめ

BMW Z3 ロードスターにはデザイン性はもちろん、機能的にもさまざまな魅力があります。まだまだ多くの魅力が眠っていて、その隠された魅力を自分で見つけて体験することができるでしょう。何度かマイナーチェンジを行っていて、排気量の違うモデルなどもリリースされているので自分の好みに応じたタイプを選択することが可能です。クーペモデルも販売されており、後期型はオープン部分が電動になっています。初期型にも電動幌がオプションで取り付けることができアレンジすることが可能です。