クルマを通じてカーライフを豊かに

BMW M6クーペはMモデルの最高峰

BMW M6 クーペとは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/design.html

BMW M6クーペは、ドイツメーカーのBMWが販売しているハイパフォーマンスカーです。馬力は560馬力とかなりの力を持っています。BMWのラインナップでMがつくモデルはハイパフォーマンスの証です。搭載されているエンジンはS63B44Bと呼ばれるもので、もともとはM5に搭載されていたエンジンです。ターボチャージャーが2基搭載されていて、それによって560馬力というパワーを出しています。最大トルクは69.3kgmとなっていて、まさにスーパースポーツと呼べる心臓部を持っています。これに7速ダブルクラッチ式のトランスミッションを組み合わせていることにより、M6クーペの加速はとても速く、停止状態から時速100kmに達するまでにかかる時間はわずか4.2秒です。

クーペでありながら居住スペースは広く、後席に大人2人が余裕をもって乗ることのできる広さです。内装も高級感があり、最高品質を誇る南ドイツ産の牛皮のみを使用しています。そして、アクティブMディファレンシャルという後輪のパワーを自在に配分するシステムも標準装備されています。

Mモデルのフラッグシップとして存在感がある

カーボンファイバー強化プラスチックを採用

BMW M6クーペの車重は1,910kgです。M5と比較して70kg軽くなっています。これは、ルーフにカーボンファイバー強化プラスチックを採用していることも貢献しています。ルーフパネル単体の重量は3.7kgで、スチール製にした場合の半分以下に抑えられています。この素材は、ひとつ前のモデルにも採用されていましたが、最新型では厚みが薄くなっていて、中央部分にへこみを持たせることで剛性をアップさせています。このようなちょっとした違いが、M6クーペがMモデルの最高峰であるということを示していると言えるでしょう。

走りにこだわっている性能

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/design.html

アクティブMディファレンシャル機能が標準搭載されていることが、走りの良さに貢献しています。エンジンの力を後輪に0から100まで自在に配分することができる機能ですが、これは路面の状態に合わせて配分されるため、トラクションが向上します。「M コンパウンド・ブレーキ・システム」を標準採用されていますが、これは通常より軽くて制動力が上がっているブレーキシステムです。パワーが大きく速度が出る車であるため、ブレーキもしっかりとしたものを採用しているわけです。オプションでさらに20kg軽くなった「M カーボン・セラミック・ブレーキ・システム」も用意されており、耐フェード性や耐摩耗性に優れています。

走りを味わうことのできる機能

こだわりのトランスミッション

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/driving-dynamics-and-efficiency.html

「7速 MDCT Drivelogic」というダブルクラッチトランスミッションを搭載しています。これのおかげで、シフトの切り替わりが素早く、トランクションを途切れさせない走りを可能としています。シフトチェンジは2ペダルなので自動で行うこともできますし、パドルシフトやセンターコンソールのシフトレーバーを操作して手動で行うことも可能です。普段は自動の切り替えで楽々に運転して、走りを楽しみたい時にパドルシフトやシフトレバー操作によって、任意に切り替えて走りを楽しむという使い分けをすることが可能です。シフト・プログラムは合計で6種類用意されています。

こだわっているインテリア

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/design.html

インテリアは、人間工学に基づいてドライバーが快適に運転することができるように設計されています。スイッチや計器類も直感的に位置がわかる場所に設置されているため、サーキットでも一般道でも瞬時に操作することができます。まさにドライバーを重視して作られているといえます。インテリア内にも、最高級の牛皮やアルカンターラが使われているため、ラグジュアリー感はばっちりです。Mモデル専用のセンターコンソールや最新のヘッドアップディスプレイを搭載しているなど、最高級モデルにふさわしインテリア群です。乗っていて喜びを感じられる車であるので、選んで満足感を味わえます。

アクティブ& パッシブ・セーフティ機能

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/services-and-apps.html

搭載されているアクティブ・プロテクションは、ドライバーの運転を常にモニタリングしています。挙動から疲労が見られる場合は、ドライバーに休息を促すようにヘッドアップディスプレイに表示してくれます。自分自身では気づかないで運転していて危険な状態になってしまう恐れがある場合も、目に見える形で警告をしてくれるため事故を未然に防ぐことができます。また、急ブレーキや極端なアンダーステア、オーバーステアを検知した場合は、フロントのシートベルトを引き締めて急な衝突に備えてくれます。安全運転は重要ですが、こういったサポートがあれば安心して走行できるのが良いところです。

頑丈なボディーで乗員を保護する

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/safety-and-comfort.html

BMW M6クーペは、ボディーも堅牢で乗員をしっかりと保護してくれます。マルチフェーズ・スチールなどの高剛性の素材をボディーに組み合わせているので、普通の車より衝突に対しての備えは万全です。そして、万が一衝突してしまった場合は、その衝突のエネルギーを各ボディーパーツが吸収して、キャビンを保護するように設計されています。側面からの衝突にも備えがあり、Bピラーとサイド・スカートも補強されていますので、他の車よりも側面衝突に対しての備えも抜群です。このように、M6クーペは安全性にしっかりと配慮して作られている車となっています。

まとめ

BMW M6クーペは、あらゆる面でこだわりの持っている車であるということがわかると思います。走りを楽しめるだけではなく安全で、内装もラグジュアリー感があるなど、所有していて満足感を味わえる車です。高性能で飛ばせば速い車なので、サーキット走行でも楽しむことができますし、安全装備を備えていることから日常での利用にも適しています。クーペであっても空間が広めなのも、日常利用で不便を感じさせない良いポイントです。