クルマを通じてカーライフを豊かに

BMW Z4 E85の定番の故障、不具合事例の紹介と中古車購入時の注意点について

こんにちは!Ancarの島倉です。今回はBMW Z4 E85に関するトラブルの内容を書いていこうと思います!
中古のZ4をご購入される際の参考になればと思います。よろしくお願いします。

BMW Z4の故障しやすい場所と費用』←こちらではより詳しく走行距離毎の寿命を迎えるパーツなども紹介しています

BMW Z4 E85の定番故障事例

エンジンオイル漏れ

引用元:https://ameblo.jp/o-rush/entry-12181055763.html

タペットカバー、オイルエレメントハウジングなどからの漏れが非常に多いです。

走行中に焦げ臭さを感じるなどの症状が出た場合には、オイルが漏れている可能性があります。放って置くとタイミングチェーンのズレや、ピストンの焼き付きに繋がり、エンジンが始動しなくなってしまいます。
そうなる前に少しでも漏れを発見した時には早めにガスケット交換を行うことをオススメします。

中古車購入検討時の場合は、現車確認の際にエンジンルーム内を覗いてしっかり漏れがないかチェックしましょう。漏れているとエンジンを始動して少し時間がたった時に熱でオイルが焼けて臭いがしてくるので、目視だけではなく臭いを確認することも大切です。

それでも見落としてしまう場合もあるのでプロの整備士に点検してもらうことが一番オススメです。

SMG故障

引用元:https://blog.goo.ne.jp/chadie/e/8b5f39043e99764c525931a3ba653b11

Z4はSMGミッションというものもあります。
SMGミッションは故障事例が多いミッションです。症状としては、シフトショックが大きい、ギアを入れてもすぐにニュートラルになってしまう、操作していないのに突然バックギアに入ってしまうなどです。

専用のテスターで初期化で直る場合もあるので、きちんと点検で故障原因の診断をしてもらうことが重要になります。

幌の電動オープンの不具合

引用元:https://activejapan.jp/blog/20171208-1224/

やはり、オープンカーなので故障で気になるのは幌の開閉時の不具合です。

幌が開閉しなくなる原因はセンサー不良や、ヒューズの切れ、モータの故障などが挙げられます。中でも油圧モーターが故障していて交換が必要な場合は一度幌全体を取り外さないといけなくなりますので、大掛かりな作業になり修理費も高くなります。

実際の修理の様子はこちら→『BMW Z4 E85 ルーフ 修理・交換

残念ながら、油圧モーターの所に水が溜まることで錆びてしまい故障してしまうという事例が多いようです。なので、中古車購入検討時には前のオーナー様の保管場所も聞くことがポイントとなります。青空駐車で保管していた車両は注意した方がいいでしょう。

まとめ


ご購入前に点検さえしっかりやっていれば、経年劣化による消耗品によるトラブル以外は起こるリスクが少ないので安心してご購入でき、きっと楽しいカーライフを送ることができるでしょう!

また、新型BMW Z4についての記事は下記からご覧いただけます。

 

Ancarでは購入前に無料で整備士による点検を依頼することができます。点検を依頼して、現在の車の状態をプロの目で見てもらってから購入出来ますので非常に安心だと思います。

また、Ancarは個人間売買ですので、中古車購入の際に気になる故障歴、部品交換歴や修理箇所も現オーナー様が教えてくれます。

この機会に中古のBMW Z4を探してみては如何でしょうか!