クルマを通じてカーライフを豊かに

ガ○バーで車を売るのは時代遅れ!?次の時代の車の売買方法とは!?

今回は、車の売却についての記事だ。誰しもが自分の車を売却する時には、高価に買い取ってほしいもの。しかし、車以外の物は個人間でもオークションやフリマアプリなど多くのものを売る選択肢があるにもかかわらず、車は大きく分けて下の2つの選択肢に分けられるのではないだろうか?

 

  • 新しい車を購入するディーラーに下取りしてもらう
  • ガ○バーなどの、中古車販売店に車を買取ってもらう

 

これまでの売却先は大きく上の2つの方法に限られていたのだが、最近は新しいクルマの売却手段が生まれている。

それが、個人間で車を売買する、CtoCのプラットフォームである「Ancar」(アンカー)だ

 

今回は、その知られざる「Ancar」と、ディーラー・中古車買取店で売却するそれぞれのメリットを解説していきたいと思う。

 

Ancarで車を売却するメリット

  1. ディーラーや中古車取扱店と比較して、高価買取が期待できる。
  2. 購入者と直接メッセージをやり取りできるため、自分の車の魅力を存分に伝えることができる
  3. プロの整備士が、無料で自分の車の状態をチェックしてくれる
  4. 出品中であっても車に乗ることができる
  5. Goo-Netなどの中古車の広告媒体に表示されるため、すぐ売れやすい

 

ディーラーで売却するメリット

  1. 車購入の時に売却する際は、購入と同時に売却することができるため、一番手間がかかりにくい
  2. 車購入の際には、実質的な車の値引きとして普通では価格がつかない車に対しても高価買取が期待できる

 

中古車販売店で車を売却するメリット

  1. 新車購入時、購入しない時問わず、お店に持っていけばすぐ現金にできる。
  2. 基本的に、売却する時はしたあとに、自分がする作業がないため楽。

Ancarの魅力とは?

  1. 車の買取価格が異常なまでに安いわけ

あなたはディーラーや中古車販売店で査定してもらった、買取金額で満足していないだろうか?実は、現在の中古車市場は、買取から販売までの間に多くの中間業者が介在しているため、買取価格は安く、販売価格は高くしてそれぞれが、利益をあげなければいけない、市場構造の問題があり買取価格が極端に安くなるという問題を抱えている。

そこで誕生したのが「Ancar」だ。

Ancarの場合は上の図のような売りたい人と買いたい人の間にある「買取店」「BtoB 市場」「販売店」の介在がなくなるため、購入価格の540万円から、システム利用料を引いた額がそのまま、売りたい人の受け取るお金となるわけだ。また車を売りたい人だけでなく買いたい人も、中間マージンがない分、販売店の価格よりも安い金額で商品を購入することができるのである。

購入者と直接メッセージをやり取りできるため、自分の車の魅力を存分に伝えることができる

例えば、あなたの車が、お金をかけてカスタムされた車の場合、買取価格はどうなるだろうか?

自分はお金をかけて良いカスタムをしたつもりでも、市場があなたと同じように受け取ってくれるとは限らない。もしかするとノーマル仕様の車よりも価値が下がるなんてことも十分にあり得る話なのである。そんな、本当は価値があるのに、ディーラーや中古車買取店では評価されない車を売却する時にこそ使ってほしいのが「Ancar」だ。

一般的なディーラーや中古車買取店では、基本的に売る相手が決まっていない段階で車を仕入れることが多いため、好き嫌いが別れやすいカスタム車はどうしても買取価格が上がりにくいのが実情だ。

だが、Ancarであればあなた自身が販売価格を指定できるため、その車にあった本当の価値を値付けする事ができ、購入者もその車に対しての価値を理解して購入される場合が多いので高く販売することができる。また、メッセージで価格だけではないあなたの車の魅力をアピールすることができるのも特徴の一つである

プロの整備士に、無料で自分の車の状態をチェックしてもらえるサービスが有る

世の中には車を扱っている、CtoCのプラットフォームも他にあるが、「Ancar」との最大の違いはこの部分ではないだろうか?格安な車を中心にフリマアプリや各SNSで個人同士がつながって、車を売却することもある。しかし、そのような場所で売られている車は安全性などで信頼できない部分も多い。そのため、全国のプロの整備士に自分の車の状態をチェックしてもらい、その車の安全性や品質についてプロのお墨付きをもらうことができる。

そのような安心につながるような取り組みを怠らないAncarだからこそ、他のフリマアプリと比較しても、比較的高額な車が多く出品されている。

 

出品中であっても車に乗ることができる

ユーザーにとって、何気に嬉しいのがこのメリットではないだろうか?最近発売された人気車種では、納車までの期間が想像していたよりも長くなることがある。その場合、車を下取りに出してから、新しい車が到着するまでの間はレンタカーを用意するなどして車を短期間用意する必要がある。一日や二日の間であれば、大した出費にならないが、一ヶ月以上になるとレンタカー代だけでも相当な出費になることが予想できる。しかし、Ancarであれば自分で売却して受け渡す時期を決めることができるため、新しい車が納車されるまでの間、自分の愛車と時間を共にする事ができる。そのためレンタカー代などの余計な出費がなくなるため経済的な選択肢の一つといえる。

Goo-Netなどの中古車の広告媒体に表示されるため、すぐ売れやすい

多くの中古車の購入を考えている人が、一度は見るウェブサイトがある。それがGoo-netやカーセンサーと呼ばれるウェブサイトだ。

様々な中古車取扱店の在庫を表示していて、利用しているユーザー数も多い。Ancarはそんな集客力抜群のウェブサイトに出品された車を掲載しているため、直接Ancarにアクセスした人以外の層に対しても、あなたの車の魅力を伝えることができるようになる。

 

まとめ

いかがだっただろうか?もちろんAncarで売却する時よりも、ディーラーなどで売却するときのほうが、高く売ることができる場合もあるので比較検討は必要だが、車を売却するときには、Ancarという選択肢も一度考えてみるのも手ではないだろうか?

今ならキャンペーン中で通常で最大25万円かかるシステム利用料が無料となっている。あなたの指定した売値そのままがあなたの手元に残るというわけだ。

30秒程度で、あなたの車の参考売却価格を調べることができるため、一度価値を知ってみるのも手かもしれない。