クルマを通じてカーライフを豊かに

アイドリングストップ搭載車はバッテリー交換時期に注意!

アイドリングストップ車はバッテリーには厳しい環境

停止するたびエンジンが停止、発進時には始動を繰り返すアイドリングストップ車。

エンジン始動時には大電力が必要になりますし、そのたびに電力を消費する割には、渋滞時などエンジンのかかっている時間が少ないと、そのうちバッテリーが上がってしまわないかと心配になります。

そのため、昔まだアイドリングストップ車が無い時代に手動でアイドリングストップをしていた人の中にはうっかり再始動ができないほどバッテリーを放電させてしまう人もいましたし、そうしたトラブルが怖いので、アイドリングストップ機能をOFFにしている人もいるでしょう。

実際には、メーカーもそうしたトラブルは織り込み済みなので、バッテリーの充電量はしっかり管理されており、エンジンの再始動が困難なほど消耗したバッテリーや、あるいは暖房時など極端に電力消費が大きい時には、アイドリングストップしないようになっています。

また、最近では昔のように「セルモーター」と呼ばれるエンジンスターターを使わず、発電機をバッテリーで回してエンジンを始動するなど、抵抗や騒音を低減する仕組みを採用した車種も増えているのです。

それだけ、アイドリングストップ車の電力消費とバッテリー消耗には、メーカーもユーザーも、誰もが気を使っているということですね。

「充電制御車」による過酷なバッテリー管理

また、最近の車はアイドリングストップ機能の有無に関わらず「充電制御車」と呼ばれる、昔とは発電/充電システムが異なる車がほとんどになっています。

昔ながらの発電/充電システムですと、「オルタネーター」と呼ばれる発電機を常時稼働して充電を行い、バッテリーが満充電になっても常にフル稼働してバッテリーを満充電に保ち、あるいはバッテリーの電気を使わず発電した電気をそのまま使うような仕組みでした。

しかし、この方式ですと常に発電しているためエンジンの力が常に一定以上必要になり、燃費に良くありません。

そのため、最近の「充電制御車」では、バッテリーに一定以上充電されればエンジンによる発電を停止してバッテリーの電気を使い、ある程度電気を使ったらまた発電して充電するという繰り返しになっています。

これにより、発電時間を短くしてエンジンにかかる力を減らすことで、燃費を向上させようというのが狙いです。

ただし、この方式は充電と放電(電力消費)を短時間に繰り返すため、バッテリーへの負担が大きいため、昔ながらのバッテリーでは寿命が極端に短くなります。

そのため、バッテリーメーカー各社では「充電制御車」に対応した、充電受入性能の高いバッテリーを開発・販売し、メーカーが販売している車でもこうしたバッテリーを標準搭載しているのです。

これらのバッテリーはカー用品店やホームセンターでも安価に売っているような昔ながらのバッテリーと違って若干高価ではありますが、このバッテリーの差で燃費にも大きな影響を与えるので、性能を維持するためには必要なコストと言えます。

 

定期交換で性能劣化も抑える

このように、最近の車ではアイドリングストップ車であったり、ハイブリッド車などでなくとも、バッテリー性能への依存度が大きく高まっています。

そうなると当然、バッテリーがただ「使える」というだけでなく、「初期の性能を維持している」ことも重要になるのです。

劣化して初期の性能を発揮できなくなったバッテリーを使い続けることは、アイドリングストップや充電制御車対応バッテリー以外の通常バッテリーを使用しているのと何ら変わりがありませんから、性能が劣化してきた場合には速やかな交換が必要です。

その寿命は使用環境にもよりけりですが、一般的には3年程度が目安になります。

なお、これは充電制御車対応バッテリーでの話ですから、そうした最近の車に通常のバッテリーを使うと、20%ほど寿命が短くなるという話も。

そうなりますと、燃費が落ちる上にバッテリー交換頻度も上がってしまいますから、結果的には多少高価でも対応する最適なバッテリーを使う方が良いというわけですね。

アイドリングストップ車用のバッテリーの選び方についての記事は、下記よりご覧いただけます。

アイドリングストップ時代のバッテリーに、最適化モデルはあるのか?!

査定には影響するか?

バッテリーは消耗品ですから、仮に交換時期が近付いたとしても査定には影響が無かった、というのが今までの常識です。

ただし、前述のように現在の車では、車種により「専用品を使わないと所定の性能を発揮できない」バッテリーも存在します。

仮に最新の充電制御車に通常バッテリーを搭載していたとして、それで査定が下がったという明確な話があるわけではありませんが、今後はそういう話が出てくる可能性もあるでしょう。

さらに個人売買では重要なチェックポイントとも言えますから、購入時にもバッテリーが最適なものを積んでいるかどうかのチェックも、その後の出費を分けるポイントして、しっかり抑えておいた方が良さそうですね。