クルマを通じてカーライフを豊かに

【ルノー、プジョー、シトロエン】実はモテる!?フランス車の魅力をご紹介!

日本は世界有数の自動車生産国ですから、当然のことながら国産車が圧倒的なシェアを持っていますし、輸入車の分野ではドイツ車が幅を利かせています。そんな中、日本国内におけるフランス車への評価は、ドイツ車と比べるとやや影の薄い存在となっている感は否めません。しかしフランス車には、ドイツ車のみならず、米国車やイタリア車にはない独特の魅力があります。今回は、フランス車の魅力をご紹介してみたいと思います。

フランス車のメーカー

フランス車と言えば、ルノー・プジョー・シトロエンという3大ブランドが有名です。このうち、プジョーとシトロエンは、同一グループ(PSA・プジョーシトロエン)となっていますし、ルノーは日産を傘下に収める形でルノー・日産アライアンスを構成しています。

また、フランスは、ヴェンチュリーやブガッティといった、世界屈指のスポーツカーメーカーも擁しています。

さらに、ルノーによるF1参戦をはじめ、各社ともラリーや耐久レースといったモータースポーツの分野で優れた実績をあげるなど、世界と渡りあえる実力を備えているのがフランスの自動車産業です。

しなやかなサスペンション

フランス車の魅力として、特にサスペンションを挙げる人が多いようです。特に、シトロエンが開発したハイドロニューマチック・サスペンションは、気体(窒素ガス)と液体(オイル)を金属ばねの代わりに用いる独特のサスペンションとして有名です。路面の凹凸を効果的に逃すことにより、乗員に伝わる振動を大幅に減らし、まるで宙に浮いているかのような走行フィーリングを体感することができます。

また、ハイドロニューマチック以外のサスペンションについても、柔らか目のサスペンション・セッティングにより、快適な乗り心地を実現するとともに、大きな凹凸を走行するときに柔らか目のサスペンションが底突きしないよう、ストロークを長めにするといった工夫がなされているものもあります。 さらに、足回りは単に柔らかいだけでなく、高速道路走行時においても優れた安定性を発揮するセッティングが施されており、ドライバーに安心感をもたらしてくれます。これらのことから、フランス車の走行フィーリングは、しばしば「猫足」(猫はさまざまな歩き方の場面でも、顔の位置がほぼ一定であることをもじったものです)と形容されています。

長距離でも疲れにくいシート

フランス車は、サスペンションと同様、シートも柔らか目のものが採用されています。しかし、単に柔らかいだけでなく、腰や背中をしっかりとホールドするしっかりとした芯も備えており、長距離ドライブでも疲れにくいと評判です。

独特の個性的なデザイン

フランス車のデザインは、国産車ともドイツ車とも異なる、独特の個性が宿っています。個性の塊であるルノー・カングーは当然のこととして、ルノー・メガーヌやルーテシア、プジョー208や3008、シトロエンのDS3やDS4など、他国のブランドにはないスタイリッシュなデザインが魅力です。

フランス車に乗る人はモテる!?

タイトルにも書きましたように、フランス車に乗っている人は異性にモテると言われたりもします。フランス車を選ぶ人は、他人とは違う個性や魅力を持っているからモテるのか、もともとモテるべくしてモテる才能を備えている人だからこそ、おしゃれなフランス車を選ぶのかは定かではありませんが、いずれにしましても、フランス車に乗る人もフランス車そのものも、個性と魅力がたくさん詰まっていることは間違いなさそうです。